最新型医療レーザー脱毛機 「ソプラノアイスプラチナム」導入

最新情報
06 /20 2017
先日、当クリニックに、
最新型の医療レーザー脱毛機「ソプラノアイス プラチナム」が届きました。

ソプラノアイスは蓄熱脱毛方式で、レーザーを弱い出力で面で何度か肌に撫でるように照射し、
蓄熱させることで毛母細胞にダメージをあたえ脱毛する、という仕組みです。
弱い出力で広範囲に蓄熱させ、メラニンだけでなく毛包もターゲットにしているので

・痛みが少ない
・日やけしても施術OK
・毛の質を選ばない(うぶ毛や色素が薄い毛も除毛)
・照射のこしがない
・お肌に優しい
・施術時間が短時間

といったメリットがあります。

最新型医療レーザー脱毛機 「ソプラノアイスプラチナム」導入


これまで日焼けや肌が弱くて脱毛を悩まれていた方、
従来の脱毛で痛みがあり続けられなかった方、
従来の脱毛で効果を得づらかった方、
ぜひ当クリニックにてご相談ください。



福岡で脱毛のことならあやべビューティークリニック福岡の
痛くない医療レーザーによる永久脱毛
あやべビューティークリニック福岡のHPはこちら

医療レーザー脱毛専門
あやべビューティークリニック福岡
博多駅から徒歩2分
予約受付時間 9:30~19:00(土日・祝日も対応)
※完全予約制


スポンサーサイト

日本美容外科学会 参加のご報告

学会報告
05 /31 2017
5月15日から16日までANA INTERCONTINENTAL HOTELにて、
日本美容外科学会(JSAS)が開催され、参加しました。
日本美容外科学会1705
【クリニックstaffと学会会場にて】


今回の学会で私にとっての一番の目玉は、タイ、バンコクを基本に世界的に活動されていらっしゃるDr.Puttipong Poomsuwan(ドクター プティポン)
来日し講演されることでした。

プティポン先生は、バタフライリフトというヒアルロン酸を用いて
フェイシャルリフトアップをなさる有名な先生です。

たった2か所の刺入点から中顔面及び下顔面に、リニア状(線上)にヒアルロン酸を注入することで顔のリフトアップを図る方法です。

今まで、点状にヒアルロン酸を注入していたのに、プティポン先生は、それをリニア状(線上)に注入することが、私にとって革新的な方法でした。


日本美容外科学会_プティポン先生
【プティポン先生と学会会場にて】


「私を変える 明日が変わる」〜25年の技術力と実績〜
美容皮膚科、ヒアルロン酸注入なら
【美容外科専門医 】認定クリニック
博多駅から徒歩2分
予約受付時間 9:30~19:00(土日・祝日も対応)
※完全予約制
あやべビューティークリニック福岡のHPはこちら

米国レーザー医学会 参加のご報告

学会報告
04 /28 2017

4月5~9日までアメリカ サンディエゴにてアメリカレーザー医学会に出席して参りました。
また当院で導入しておりますピコセカンドレーザーのキュテラ本社にも表敬訪問して参りましたので
ご報告させて頂きます。

レーザー医学会が行われる前々日にサンフランシスコに到着、成田から飛行時間8時間半。
思っていたよりも時間はかからず身体は楽でしたが、時差ボケを多少感じたので太陽の光を浴びつつ
サンフランシスコ観光をしながら身体をゆっくり休める事にしました。
まずはお薦めの「アンカースチーム」という地ビールをお昼から贅沢に頂きました。


続いては「世界で最も有名な脱獄絶対不可能な刑務所」と一躍有名になったアルカトラズ刑務所へ。
サンフランシスコの観光地フィッシャーマンズワーフからフェリーで20分、泳いで行けそうな位にすぐ側にありました。
しかし、岸から見ていても分かるぐらい潮流が早くまた14度以下ですので2分もすれば低体温になり
動かなくなってしまい溺れてしまうそうです。
当時の面影がそのまま残されており、映画に使われたほどの過酷な環境を一目見ようと、
世界中から多くの観光客が訪れる人気スポットなのです。
1_DSC_0114.jpg


続きましてサンフランシスコのシンボル、ゴールデンゲートブリッジへ。
日本のレインボーブリッジの3倍もの全長で80年も前に作られた事に驚異の一言に尽きます!
全長2,737mに及び全て真紅に塗られたゴールデンゲートブリッジ。
ここに立ち寄らない観光ツアーはないという程人気のスポットです。
2_アメリカ学会


翌日4/4にキュテラの本社に訪問して参りました。
サンフランシスコ空港から車で約10分。
1階は設計及び工場、2階は研究開発部門とご案内して頂きました。
3_アメリカ学会


9:30~最新のピコレーザー「Enlighten Ⅲ」のプレゼンテーションを受けて参りました。
「Enlighten Ⅲ」は532nm、1064nm以外に670nmのレーザー光も発信できる
世界初の3波長発信可能なピコセカンドレーザーです。
今までEnlightenのレーザー発信システムに新たに670nmのレーザー発信装置付け加えたものではなく、
全く一から新しく設計されたものです。
一見外枠は以前と全く同じ様に見えますが、骨格となるアウターシェルは全くの別物でした。

レーザー光は現在までもレンズや鏡等で20回前後も機器の中を通過していましたが「Enlighten Ⅲ」になってからは
その倍以上の43回も通過します。(企業秘密の為お写真はございません)
実際に現場を拝見させて頂きましたが、レンズや鏡が本体に沢山埋め尽くされていました。

レーザー本体を移動させる時気を付けていないとアームにぶつけてしまう時が稀にございます。
そうするとレーザー光の光軸がずれてしまい使用出来なくなり慎重に移動させなければいけません。
それ以上に本体も床の段差など気にしながら移動させなければいけない事を内部の状態を拝見した事で
良く理解する事が出来ました。

この670nmのレーザー波が、いかに緑や青などの刺青に高いエネルギー吸収率を示すか説明をお受けしました。
近似値の694nmの波長を発信するルビーレザーの発信媒体でなく特殊な新しい方法だそうです。
(こちらも企業秘密の為開示不可能です)

キュテラ社 副社長であり研究開発部門のルーカスさん
4_アメリカ学会

一通りの説明を受けた後に一階にございます組立工場の方にご案内して頂き見学する事が出来ました。
写真撮影は一切不可能と思いましたが快く承諾して下さいました。
5_アメリカ学会

6_アメリカ学会

このチャンバーは中が陽圧になっており、ほこりが中に入らない様になっています。
またこの組立がEnlightenⅢの最重要部品でキュテラの中で一番の熟練工さんが作業していらっしゃるそうです。
7_アメリカ学会


周囲は部品の山です。
こちらも写真撮影を快く承諾して下さり撮影させて頂きました。
8_アメリカ学会

Enlighten Ⅲの出力試験中
FDAが抜き打ち可能でデータの帳簿を見せなければいけないそうです。
9_アメリカ学会

出荷を待つばかりの完成されたレーザー機器
10_アメリカ学会

キュテラ本社を見学して一番の成果はレーザー照射後の色素沈着(PIH)生じた際にどのように治療するのが
一番最適か教えて頂きました。
「そのプロコトールはどの様に決められたのでしょうか。」
という私の質問に
「世界中の先生に問い合わせてこれになりました」
との事で言葉に出来ないくらいに納得致しました。
その方法はキュテラのレーザーでなければ作り出せないという事です。

またこのプロトコールは白人用ですのでこれを改変し我々黄色人種向け用に時間をかけて換えていきます。
とても楽しみですね。


翌日サンフランシスコから飛行機で1時間半、同じカルフォルニア州のサンディエゴに移動致しました。
およそ福岡→東京間と同じ距離ですが全く違う気候に驚きました。
4月のサンディエゴは福岡でいうと5月の気温、日差しは8月並です。
しかし早朝7時頃は肌寒く一枚羽織るものが必要でした。
11_アメリカ学会

R20という照射方法が有効という学会発表にも参加させて頂きました。
R20とは、レーザー照射20分後にもう一度同一部位にレーザーを照射する方法です。
刺青を入れる事でのデメリットな点は照射した後に色が変色してしまう事です。
例えばオレンジ色はチタンを含み色が発色している事があります。
そうしますとレーザー照射後オレンジ色だったものが灰色に変色するという現象が起こります。
これはレーザー照射によってチタンが酸化チタンに変化してしまう事により起こります。
この様な事は白色・一部の赤や緑・茶色でも
起こる場合があります。
この様な症状が出た場合にR20という照射方法が有効なのです。

学会会場の階下では様々なレーザー会社並びにその関連会社のエキシビジョンブースが日本より遥かに広い展示場で開催されていました。
12_アメリカ学会


こちらのお写真は宮崎の中野医院の中野俊二先生と25年ぶりにサンディエゴの
「ルース=クリスステーキハウス」でお会いしました。
13_アメリカ学会

中野先生とは私がまだ研修医時代、久留米大学形成外科の同門であり現在は宮崎で開院されながら
久留米大学皮膚科の臨床教授でもあられます。


今回のサンディエゴでのアメリカレーザー学会で一番に得た事は
レーザー機器を俯瞰し拝見できた事。

「RFならモノポーラーとバイポーラーでどの様に作用が異なるのか。」
「フラクショナルレーザーでもアブレーシブなのかノンアブレーシブなのか。」
等に目が行きがちですが、そうではなく
どの皮膚の深さに作用するのかを考えられるようになった事です。



〜タトゥー・刺青・アートメイクでのお悩みの方へ〜

【美容外科専門医 】認定クリニック
「私を変える 明日が変わる」〜25年の技術力と実績〜

博多駅から徒歩2分
予約受付時間 9:30~19:00(土日・祝日も対応)
※完全予約制
あやべビューティークリニック福岡」のHPはこちら

綾部 誠

美容整形・形成外科
あやべビューティークリニック福岡 院長

ひとつひとつ丁寧に、確実に。
その時点でできる最高の技術を全力
で投入する。
これこそが患者様を幸せにできる
最良の方法だと考えています。